Orobianco×Rimpa Randoseru

Orobianco×Rimpa

Japanese Traditional culture meets European design for the creation of New Randoseru

 

オロビアンコ 琳派

 

Giacomo Valentini,the founder of Orobianco, and Yoshimaru Takahashi,an Art Director, designed a new Randoseru inspired by Rimpa which is a unipue
traditional painting style from Edo period.


Rimpa is famous for “Fujin Raijin Zu Byobu”(a folding screen depicting images of Fujin (god of wind) and Rijin (god of thunder)) painted by Koetsu Honami and
Sotatsu Tawaraya.

 

Fujinraijin-tawaraya


Characteristics of Rimpa style are “dramatic layout”,”stylized shapes”,”use of gold or silver leaves as background”and”typical motifs”such as
Moon and Carp.Don’t you think Rimpa style is similar to modern graphic design in many aspects?


Thus these similarities make it possible to unite “japanese Tradition”and”Modern European Design”within a Randoseru.
Icons,printed on the right and left side of Randoseru and the back side of the cover,are designed with a Japanese character “学(Manabu)”

and the shape of Crescent Moon represents “Great Future”of a new students and “Growth of students”like Crescent moon would later become full moon.

 

オロビアンコ 琳派2


Gold and Orange triangle patterns printed on back side of the cover, looks like the background of Rimpa paintings and also “Scales of Carp” which reminds us of “Koi Nobori (Carp Shaped Kite) “which means infinite possibilities of children.

 

“Koi Nobori”is a representation of an old story; a carp becomes a dragon after swimming up waterfall. Therefore, In May, many Japanese families fly Koi Nobori to pray for great future of children.


Rimpa Randoseru is filled up with hope for the great future of students.

 

 

「琳派 × オロビアンコ ランドセル」

 

オロビアンコ創業者ジャコモ・ヴァレンティーニ氏は、

日本で何世代にも使われ続けられてきたランドセルの歴史に着目し、

子どもたちへの強いメッセージを伝えたいという思いでこの企画を発想しました。

 

日本文化への造詣も深いジャコモ氏が選んだのは、古き時代から続く「琳派」です。

ランドセルに表現されたアイコンは、漢字の「学」と、始まりを象徴する「三日月」が図案化されています。

お子さまが多くを学び、満月のように成長していく様を表現しています。

 

また、鮮やかな金と山吹色の三角模様は鯉のうろこ模様を表しています。

これは“滝のように急な流れを登り切った鯉はやがて龍になる”

という「登竜門」の故事に由来し、お子さまが健やかに成長して欲しい

という願いをこめたものです。

 

今回の「琳派」ランドセルデザインはアートディレクターの高橋善丸氏が行いました。

 

ここに日本の伝統文化とヨーロッパのセンスが融合する

全く新しいランドセルが誕生しました。

 

 

三越伊勢丹ランドセルカタログ 琳派×オロビアンコ ランドセル

三越伊勢丹ランドセル オンラインストア

LINEで送る